建築条件付き土地の売買契約をするとどうなるか

住宅の購入の方法として、土地を買って注文住宅を建てる、建売や売建の住宅を購入する、そして建築条件付きの土地の購入があります。
売建に似ていますが、売建はすでに建てられる建物の設計などが決まっていて、ほとんど購入者の希望は通りません。
建築条件付きの土地では、一定の建物の選択ができます。
売建のように建てられる建物が決まっていないので、契約をすると設計をしてもらいます。
そしてその設計を見ながら希望なども伝えることができます。
注文住宅まではいかないものの、できる範囲の希望は聞いてもらえます。
こちらの設計に関しては一定のコストがかかるので、設計料を請求される可能性があります。
もし契約後に契約解除をしたいときにはどうなるかです。
その時にも設計料の負担をしないといけないかですが、設計の必要がない状態であればその費用の負担をすることはありません。
請求されているときには、一定の機関と話し合って払う必要がない旨を伝えてもらうようにしましょう。