ゼロ物件は必ずしもいい物件とは限らない

賃貸物件を探すとき、できるだけコストがかからない物件を利用したいでしょう。
特に初期費用がかからない物件だと助かります。
初期費用としては、敷金、礼金、手数料、そして賃料や共益費なども用意しておかなくてはいけません。
ある物件においてはいろいろなコストがゼロになっていました。
敷金、礼金、手数料がゼロになっている物件があります。
こちらであれば、賃料と共益費を用意すればすぐに入居ができます。
非常にコストが安くて入りやすくなりますが、必ずしもいい物件とは限りません。
なぜゼロにしているのかを考えればいいでしょう。
ゼロにすればその分大家の取り分が少なくなります。
大家としては、取り分が少なくても早く決まってほしいと考えている物件だからになります。
あまり入居者が見つからないために、いろいろなコストをゼロにして入ってもらおうとしているのでしょう。
もちろんすべてが良くない物件とは限りませんが、ゼロ物件を見つけたら慎重にチェックするように心がけましょう。