建築条件付き土地を購入するときの注意

住宅を建てる時、建築条件付き土地を購入して建てることがあります。
売られているときは更地ですが、既に住宅会社が決まっています。
その住宅会社が提示するプランに基づいて住宅を建てます。
注文住宅のように自由な希望を聞いてはもらえませんが、ある程度の要望は聞いてもらうことができます。
建築条件付き土地を購入するときに注意しないといけないことは何かです。
まずは契約をしてから住宅のことが決まる点でしょう。
そもそもは欲しい住宅を建てるための契約ですが、契約をするときにはそこまで行っていない状態があるようです。
契約を全て済ませてから案の提示などがあっては、その後に解除したいとの申し出が出るのは当然でしょう。
ですから、できるだけ案を早めに出してもらうようにしましょう。
それによって、より希望に近い形で住宅を建ててもらうことができます。
建築条件付きだからと言って、全く融通の利かない業者であれば、早めに契約を打ち切るなどした方が良いでしょう。
業者選びが重要になります。