一戸建ての固定資産税は普通は年々下がります

一戸建ての固定資産税に関しては、家の部分が減価償却する関係で、普通は年々下がります。
普通はと言うのは、近所に高速道路が出来たり、鉄道が出来たりして便利になり、土地の価格が上がった場合は別になります。
この場合は土地の部分の固定資産税が上がるので固定資産税全体としては上がってしまうことになります。
家は普通は二十年で償却が終わりますから、後は土地の税金だけと言うことになるわけです。
小規模住宅なら税金が軽減される為、家の減価償却が終わると普通はそれほどこの税金が重たいと感じることはないです。
賃貸を借りるより安くつき、よかったとは感じるはずですが、問題が一つあります。
家と言う不動産は年々傷んでいくことであり、築二十年が過ぎるころから屋根や壁や床が傷んで来て修理が必要になるのです。
その修理はかなりお金が掛るので、おそらく家を買った人はびっくりすることになると思われます。
家を買う時は家の老化に関しては考えもしないのが普通ですから、余計に驚くことになります。